見出し画像

10月25日は株価急落、今後の市場を見るためのポイントとは?

 10月25日の日経平均株価は前日比-822.45円(-3.72%)の21,268.73円と大きな下落となりました。先月末比では-2,851.31円(-11.82%)となり、月間では、2008年10月以来となる2,000円を超える下げ幅です。
 本日の大幅下落は、米国株式市場の2%を超す大幅な下落が引き金となったものです。米国株式市場は、米中貿易摩擦や金利上昇に加えて、中東情勢の緊迫化なども台頭し、不安定な状況となっていました。さらに、企業の決算発表で、国際部門での利益率の悪化などについて言及されたことが背景にあります。

今後の市場を見る上での4つのポイント

1.米国中間選挙
2.米中貿易摩擦
3.米国の金融政策
4.中東の政治リスク

 今後の市場を見る上での重要なポイントをまとめましたので、ぜひご一読ください。

1.米国中間選挙
 11月6日に行われる米国中間選挙では、現在両院共に過半数を占めている共和党の下院選での苦戦が報道されています。一部では、下院での与野党逆転の可能性も言われており、そうなった場合、いわゆる「ねじれ議会」(※1)となり、トランプ政権の政策執行能力への懸念が高まります。
 この2年間の米国の株式市場は、前政権からの好業績の維持に加え、トランプ政権下での大型減税と規制緩和によって支えられてきただけに、政権のレームダック(※2)化は嫌気されるところです。
 日本の株式市場は、米国の好景気にけん引されて上昇してきており、現在は、米国の市場の不安定な状況がそのまま反映されています。
 共和党が両院での過半数を維持できれば、米国株式市場は落ち着きを取り戻すと見られますが、まさに米国中間選挙は、トランプ政権の後半2年間の指導力を占う重要な選挙になる見込みです。

※1「ねじれ議会」...次期議会で上院は共和党が過半数を維持し、下院は民主党が過半数を奪還して「ねじれ議会」となった場合、重要法案の可決が困難になる可能性がある。
※2「レームダック」…lame duck。任期間近等の理由で政治的影響力を失った大統領や首相をたとえる言葉。
2.米中貿易摩擦
 米中の貿易摩擦は、両者一歩も引かず、膠着状態の模様です。すでに、一部の米国企業の決算に米中貿易摩擦の悪影響が出はじめており、さらに広範囲に影響が出る懸念が市場では広まっています。
 同様に日本企業も、中国を生産拠点として進出した企業をはじめ、米中貿易摩擦の影響を間接的に受けると思われ、業績への懸念が高まりつつあります。
 米中両国の交渉は、中間選挙の結果とも絡んでおり、11月以降に交渉がどのように進展するかが重要な注目点です。
3.米国の金融政策
 米国では、米連邦準備理事会(FRB)による利上げが進められています。FRBは2019年中に利上げは終了するとしていますが、すでに長期金利は3%を上回っており、米国景気にダメージを与えるのではないかとの懸念が出つつあります。
 従来不可侵であったはずの金融政策の領域に、トランプ大統領が公然と反対を表明するなど、金融政策の独立性への指摘も出ており、FRBの金融政策は今後の重要なポイントとなります。
4.中東の政治リスク
 トルコで起きたサウジアラビア国籍の記者の殺害事件は、大きく中東の政治バランスに影響を与えつつあります。事態の収拾のしかた次第で、米国寄りであったサウジアラビアの立ち位置が変わり、中東の情勢がいっそう緊迫化するリスクが指摘されています。
 サウジアラビアの財政赤字は深刻であり、中東情勢の緊迫化により海外からの投資が停滞すると、過去に投資した資産の売却を迫られ、世界の株式や債券等の価格への影響があると予想されます。原油価格の動向にも大きな影響を与えるだけに、中東での高まる政治リスクは予断を許しません。

 今後も、株式市場において大きな変動がある場合は解説レポートをお届けします。投資の参考にご覧ください。

FOLIOのテーマ一覧はこちらから

■本資料について
・投資環境に関する情報提供のために、2018年10月25日現在の一般報道をもとに、株式会社FOLIO投資戦略部が作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
■株価等のデータについて
・「日経平均株価」の著作権その他一切の知的財産権は株式会社日本経済新聞社に帰属します。
・Copyright © 2018, Thomson Reuters. All rights reserved. トムソン・ロイターから書面による事前承認を得ることなく、フレーミング又はこれらと同等の手段によりトムソン・ ロイター・コンテンツをコピー、再出版、再配信又は引用することは禁止されています。トムソン・ロイター(Thomson Reuters)及びトムソン・ロイターのロゴは、世界中のトムソン・ロイター・グループ各社の商標であり、かつ登録商標です。 本書に含まれるコンテンツ(「本コンテンツ」)は、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、有価証券の「買い」、「売り」又は「保留」のオファーとして使用されてはなりません。本コンテンツは、投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関する如何なる推奨もしません。本コンテンツの使用は、資格ある投資専門家の投資助言にとって代わるものではありません。トムソン・ロイターも、その第三者コンテンツ・プロバイダーも、本コンテンツの正確性、完全性、適時性について保証せず、本コンテンツの使用、コンテンツのエラー、誤謬、不正確性又はそれらに依拠してなされた行為から生じる一切の結果について、何らの責任も負いません。トムソン・ロイターは、第三者からのコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、第三者コンテンツ・プロバイダーによって提供されたいかなる見解又は 意見を是認せず、その正確性について保証しません。本コンテンツは、時間の経過により不正確となる場合があり、したがってヒストリカルデータとしてのみ解釈されるべきであります。
■株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。
リスク・手数料の詳細はこちら
感激😭
9

FOLIO

フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://story.folio-sec.com/n/nf6d2315f1a8c

FOLIO STORY

フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 ここではFOLIOからのお知らせや、投資に役立つニュースなどをお届けしていきます。 https://folio-sec.com ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。