見出し画像

9月は26年ぶりの日経平均高騰。気になるリターンランキングを一挙公開!

FOLIO Monthly Report 10月

9月の日本株式市場は、月末の日経平均株価が26年10ヶ月ぶりに高値を一時的に更新するなど、堅調な推移でした。

株式市場は中旬から上昇トレンドを強め、日経平均株価は9月28日、今年1月23日の年初来高値24,124.15円にほぼ並ぶ24,120.04円で終了しました。前月8月末の22,865.15円からは、+1,254.89円(+5.49%)の上昇となりました。
さらに、9月28日の日中には、1月23日の高値を一時的に更新し、1991年11月以来、26年10ヶ月ぶりの高値を記録する力強い展開を見せました。
この株高の背景には、米国の株式市場の堅調さに加え、下旬に113円台まで円安が進行し、輸出企業の業績改善への期待が高まったことがあります。

懸念されていた米中貿易摩擦は、米国が24日に2,000億ドルの輸入に対する第3弾の追加関税を発動しましたが、その税率は年内10%という、公表済みの水準であったことから大きな調整には至りませんでした。さらに、日米両政府が物品貿易協定の交渉入りで合意し、自動車・部品への追加輸入関税が回避されたことにより、輸出企業全般の業績に安心感が広がったことが株式市場を支えました。

テーマのリターンランキング

9月の1ヶ月間での日経平均株価は+5.49%と大きく上昇していますが、FOLIOのテーマでもリターンランキング上位は8%以上の上昇率も多く見られました。

このリターンランキングは、9月の1ヶ月間でもテーマ・投資スタイルの全組み合わせの値上がり益をランキングにしたものです。

寿司

・グロース型 月間リターン +14.4%(第1位)
・バリュー型 月間リターン +13.1%(第3位)

「寿司」グロース型の9月の価格推移は+14.4%と、2ヶ月連続の大幅上昇となりました。

組み入れ比率32.9%の元気寿司が、+25.8%上昇。また、28.1%組み入れの極洋が+8.1%、7.1%組み入れのキッコーマンが+21.4%上昇し、テーマのリターンに大きく寄与しています。キッコーマンは19年3月期第1四半期の純利益が16%増と好調な決算を発表しています。

また、「寿司」はバリュー型でも、31.6%組み入れた日本水産が+21.3%上昇したことなどから、+13.1%の上昇となっています。

寿司 ~巻くも握るも散らすもOK!酢飯と鮮魚のハーモニー~

お酒

・グロース型 月間リターン +13.5%(第2位)
・バリュー型 月間リターン +9.1%(第8位)

「お酒」グロース型の9月の価格推移は、+13.5%の上昇になりました。

組み入れ比率23.4%の宝HLDGが+51.5%と大幅に上昇したことがテーマのリターンに大きく寄与し、さらに、「寿司」だけでなく「お酒」にも6.6%組み入れたキッコーマンが+21.4%上昇しました。宝HLDGは、子会社のタカラバイオが初のバイオ医薬品の製造・販売申請を年内にするとの報道がありました。キッコーマンは19年3月期第1四半期の純利益が16%増と好調な決算を発表しています。

「お酒」バリュー型についても、両銘柄の寄与により+9.1%の上昇となりました。

お酒 ~嫌なことは忘れて、さあ乾杯!~

ドラッグストア

・グロース型 月間リターン +13.0%(第4位)
・バリュー型 月間リターン +10.6%(第5位)
・ディフェンス型 月間リターン +9.5%(第6位)
・バランス型 月間リターン 9.4%(第7位)

「ドラッグストア」グロース型の9月の価格推移は、+13.0%の上昇になりました。

組み入れ比率24.1%のウエルシアHLDGや21.9%のコスモス薬品がそれぞれ+25.5%、+9.8%と上昇したことが、テーマのリターンに大きく寄与しました。ウエルシアHLDGは直近での月例報告によると既存店売上及びグループ全体の売上も堅調に推移しています。

9月のマーケットは内需株が押しなべて上昇し、「ドラッグストア」の各投資スタイル(バリュー型・ディフェンス型・バランス型)とも堅調に推移しました。

ドラッグストア ~デフレ不況でも着実に成長。決めては品揃えにこだわらない「柔軟力」~

サイバーセキュリティ

バランス型 月間リターン +8.9%(第9位)

「サイバーセキュリティ」バランス型の9月の価格推移は、+8.9%の上昇となりました。

8月に引き続き19.8%と組み入れ比率の高いソフトバンク・テクノロジーが+12.8%上昇。また、8.4%組み入れのアズジェント+が33.0%上昇したことが、テーマのリターンに大きく寄与しました。アズジェントは、8月に年初来安値を付けましたが、その後株価は急回復しています。

サイバーセキュリティ ~増え続けるサイバー犯罪。かかせないのは「情報防御力」~

自動運転車

バランス型 月間リターン +8.8%(第10位)

「自動運転車」グロース型の9月の価格推移は、+8.8%の上昇となりました。

デンソーは31.9%と最も大きな組み入れを行いましたが、+8月28日にはアイシン精機他2社と自動運転技術の開発会社を設立すると発表しました。株価は、月間で+12.0%上昇しました。また、15.7%組み入れたテクノスジャパン、組み入れ比率10.6%のべリサーブ等の銘柄も、株価はそれぞれ+11.0%、+14.1%の上昇でした。

自動運転車 ~安全性は人間以上?実用化目前の自動車ブレイクスルー~

現在FOLIOでは計67テーマを公開中です。すべてのテーマはこちらからご覧ください。

リターンランキングについて
・テーマ紹介のために、全テーマを対象に調査を行っています。
・2018年9月28日終値とそこから起算して1年前の終値を比較し、当該1年間運用した場合に想定される運用成果のバックテスト結果をランキングにしています。
・リバランスは考慮しておらず、当該テーマ(バランス型)の2018年9月28日時点の構成銘柄・株数を当該1年間保有したと仮定しています。
・株数は、営業日18時頃に翌日基準値段を参考に算出しています。
・値上がり益の数値は小数点第2位以下を四捨五入しています。
・データの算出に、配当、取引手数料、譲渡益税、その他消費税等の諸経費は考慮しておりません。

本資料について
・投資環境に関する過去の事実等の情報提供のために株式会社FOLIOが作成した資料です。
・記載内容は作成時点のものであり、将来の市場環境の変動や運用成果等を示唆又は保証するものではありません。
・信頼できると考えられる情報を用いて作成しておりますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

株価等のデータについて
・「日経平均株価」の著作権その他一切の知的財産権は株式会社日本経済新聞社に帰属します。
・Copyright © 2018, Thomson Reuters. All rights reserved. トムソン・ロイターから書面による事前承認を得ることなく、フレーミング又はこれらと同等の手段によりトムソン・ ロイター・コンテンツをコピー、再出版、再配信又は引用することは禁止されています。トムソン・ロイター(Thomson Reuters)及びトムソン・ロイターのロゴは、世界中のトムソン・ロイター・グループ各社の商標であり、かつ登録商標です。 本書に含まれるコンテンツ(「本コンテンツ」)は、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、有価証券の「買い」、「売り」又は「保留」のオファーとして使用されてはなりません。本コンテンツは、投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関する如何なる推奨もしません。本コンテンツの使用は、資格ある投資専門家の投資助言にとって代わるものではありません。トムソン・ロイターも、その第三者コンテンツ・プロバイダーも、本コンテンツの正確性、完全性、適時性について保証せず、本コンテンツの使用、コンテンツのエラー、誤謬、不正確性又はそれらに依拠してなされた行為から生じる一切の結果について、何らの責任も負いません。トムソン・ロイターは、第三者からのコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、第三者コンテンツ・プロバイダーによって提供されたいかなる見解又は 意見を是認せず、その正確性について保証しません。本コンテンツは、時間の経過により不正確となる場合があり、したがってヒストリカルデータとしてのみ解釈されるべきであります。

株式会社FOLIO
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2983号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
取引においては価格変動等により損失が生じるおそれがあります。
リスク・手数料の詳細はこちら

わーい✌️
3

FOLIO

フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 https://folio-sec.com 金融商品取引法に基づく表示→https://story.folio-sec.com/n/nf6d2315f1a8c

FOLIO STORY

フォリオは「VR」や「京都」など、多彩なテーマをえらんで投資ができるオンライン証券です。 ここではFOLIOからのお知らせや、投資に役立つニュースなどをお届けしていきます。 https://folio-sec.com ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。